日本コーチング心理学協会 規約

第1条 目的

日本コーチング心理学協会は,教育心理学,社会心理学,臨床心理学,産業組織心理学などの伝統的な心理学から,ポジティブ心理学などの新しい心理学を活用して,教育,社会,経営,認知,組織,健康,医療,福祉,行動科学,スポーツ,コミュニケーション技法などの統合的,学際的な研究および社会貢献活動を目的とする。

第2条 名称 「日本コーチング心理学協会」とする。

第3条(事業)
本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1 諸外国のコーチング心理学の専門家との連携・協働を図り、国際的視野のもとで、コーチング心理学の普及,研究,実践活動を行う。
2 コーチング心理学や関連する学術・実践領域に関する素養を持ったファシリテーター,コーチ,メンター,リーダー,トレーナーを養成する。
3 書籍の出版

日本コーチング心理学協会 規約

第1条 目的

日本コーチング心理学協会は,教育心理学,社会心理学,臨床心理学などの伝統的な心理学から,ポジティブ心理学などの新しい心理学を活用して,教 育,社会,経営,認知,組織,健康,医療,福祉,行動科学,スポーツ,コミュニケーション技法などの統合的,学際的な研究および社会貢献活動を目的とす る。

第2条 名称 「日本コーチング心理学協会」とする。

第3条(事業)
本会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1 諸外国のコーチング心理学の専門家との連携・協働を図り、国際的視野のもとで、コーチング心理学の普及,研究,実践活動を行う。
2 コーチング心理学や関連する学術・実践領域に関する素養を持ったファシリテーター,コーチ,メンター,リーダー,トレーナーを養成する。
3 書籍の出版,翻訳,研究成果の発表を行う。
4 コーチング心理学の啓蒙活動を行う。
5 その他、本会の目標達成に必要な事業を行う。

第4条(会員)
本会の会員は、名誉会員、正会員、学生会員、賛助会員とする。
1 正会員は、本会の目的及び活動に賛同し,当協会が認めた者。
2 学生会員は、大学院、大学、短期大学、または専門学校に在学し、コーチング心理学に関心を持つものとする。
3 賛助会員は、理事会で認めた会社・団体とする。
4 名誉会員は、本学会に特に功労のあった正会員で、理事会で決定し、総会の決議をもって承認されたものとする。

第5条(入会)
本会の目的及び活動に賛同し入会を希望する者は、所定の手続きを行い理事会の承認を受ける。

第6条(退会)
退会を希望する会員は、その旨を本会に通知し、未納の会費はこれを納入の上、退会することができる。

第7条(会費)
会費は、入会金5,000円、年会費5,000円を納入しなければならない。
但し、学生会員の会費は3,000円、賛助会員は一口10,000円とする。
なお、会費を1年以上にわたって滞納した者は、自然退会とみなす。

第8条(役員)
本会に次の役員を置く。役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
1 会長 1名
2 理事 若干名

第9条(年度)
本会の年度は、毎年1月1日から12月31日までとする。

第10条(除籍)
本会の会則に反する行為のあった者は、理事会の決議を経てこれを除籍することができる。


附則

この規約は,平成28年 9月12日より適用する。