コーチング心理士®(Coaching psychologist)は,コーチング心理学のプロフェッショナルです。特に,コーチング心理学の理論的知識だけでなく実践できることが重要視されています。資格制度は「コーチング心理学」を取得される方への能力開発,教育及びキャリア支援を目的としております。当協会では,コーチング心理学を学ぶび,社会に生かしてほしいことから,すべての方に門戸を開いております。専門性を習得し,自信を持って,社会の中で実践的に活用できるようにプログラムが構築されております。

  • ステップアップして,自分自身の能力を高めていきたい。
  • 資格を取得して,講座に参加するだけプログラムよりは,学んだことを形として残したい。
  • 資格を取得して積極的に仕事としていきたい。
  • 資格を通して,積極的に他者支援,社会貢献をしていきたい。
  • 専門性的な資格の取得を通して,自己成長の証にしたい。
  • 専門性を自分のアイデンティティとしたい。
  • これからの人生のよりどころとしていきたい。
  • 新しい目標や希望などを見つけられるようにしたい。

上記の要望にお答えしたいと考えております。できるだけ,受講された方が,学んだことを積極的に活かし,自信を持って幅広く活動していただけるように配慮ができればと考えております。

【スモールステップの法則】
当講座は,教育分野の【スモールステップの法則】を採用しております。スモールステップとは,どんな目標でも少しづつ習得すれば,大成を得られるという考え方に基づいております。また,少しづつでも,余裕があるときに受講ができるように配慮しております。専門性を高めたいもの。また,興味のあるものだけ,受講できる形になっています。

【資料・ツールの使用権】
資格には,ただ受講したという形にならないようにするために,一部の資料やツールの利用に関して資料やツールの使用権が含まれております。これらの資料は,講座終了後に自己学習に利用したり,資料の一部を活用したり,教育,医療,産業場面での活用,社内や地域で研修会を開いたり,自ら資料を作成したりする際のヒントにもなります。なお,資料・ツールの利用に関しては,必須ではありません。

※なお,認定資格は任意であり,希望者のみです。資格を希望せず,受講することは可能です。

※認知行動コーチングなど,各個別に専門プログラムだけ受講することも可能です。



また,一つの領域に限らず,複数の専門領域をマスターして,クライエントの状況や問題,ニーズに合わせて対応ができる問題解決,自己成長,能力開発の専門家を目指します。

クライエント,チーム,グループ&チーム,社会など様々な問題解決,支援が行える多角的な専門家を目指します。

当協会では,【スモールステップの法則】を取り入れており,少しづつ,専門性を高め,段階的にマスターできるようになっております。各専門プログラムでも,認定資格を取得することが可能です。

基本的に,どの講座からも参加することができ,余裕があるときに,講座に参加することができます。

■なお,コーチング心理学の講座は,自分自身の専門性を高めたい講座のみでも参加することが可能です。



【コーチング心理士®】の資格取得フローモデルは上記の図に掲載しております。
以下の単位を取得する事で,受験資格を取得する事ができます。

【コミュニケーションスキル系講座】以下は必修です。
サイコロジカルコーチ(必須)(コーチング心理学基礎講座)
フィードバックスキルコーチ(必須)

【専門プログラム】以下のプログラムから3つ以上選択します。
※すべて取得する必要はありません。

認知行動コーチング:認知行動コーチ®(選択,推奨)
解決志向コーチング:解決志向コーチ(選択,推奨)
モチベーション心理学:モチベーション心理コーチ(選択,推奨)
パーソナリティ心理学:パーソナリティ心理コーチ(選択,推奨)
エニアグラム心理学:エニアグラム心理コーチ(選択)
ナラティヴコーチング:ナラティヴコーチ(選択,推奨)
マーケティング心理学:マーケティング心理コーチ(選択)
創造的問題解決コーチング:創造的問題解決コーチ(選択,推奨)
ポジティブ心理学コーチング:ポジティブ心理コーチ(選択,推奨)
ストレングス・コーチング:ストレングスコーチ(選択,推奨)
ストレスマネジメントコーチング:ストレスマネジメントコーチ(選択,推奨)
 など
※今後新設される講座についても適応される予定です。

一部,提携している以下のポジティブ心理カウンセラーの講座も単位認定
となる場合もございます。

ポジティブ心理カウンセラー
ポジティブ感情カウンセラー
マインドフルネスカウンセラー
レジリエンスカウンセラー
エンカレッジカウンセラー


■コーチング心理士®は,特許庁公認の商標登録いただきました。そのため,当協会のみで取得可能な資格となっております。