本当のプロを目指すために。コーチング・スキルを実践するのであれば,心理学の理論に基づいたコーチング心理学協会の講座受講をおすすめ致します。

最近よく耳にするようになった「コーチング」。教育や職場,医療・看護,福祉など,様々な現場で活用されます。その他にも様々な場面で応用ができる手法です。

これまで,コーチングには,には知識に裏付けされた技術が必要であることは,なんとなくご存知の方も多いかと思います。

知識を習得するだけならば,様々な本や書籍がありますが,コーチングの知識やスキルを応用し,実践していくためには,講座を受講することが必須となります。

また,実際に,数多く方と実践することで,様々な現場の事例を当たることができ,クライエントに対して対応力が格段に向上します。

コーチング心理学では,様々な心理学,心理療法・メンタルトレーニング手法を体系的に学ぶことができます。また,各アプローチの専門資格を取得でき,自分自身の専門性を高めていくことができます。

ここでは,こちらでは、コーチング心理学における講座受講,資格取得についてご説明します。

コーチングを実践するために資格の取得は必要なのか?

たしかに,コーチングの知識を身につけるためには、必ずしも資格は必要ではありません。

しかしながら,資格がない場合,社会的に信頼が乏しく,認められれないことが多いのが実情です。

ただし,資格のみ,鵜呑みにしていても,内容が伴わなければ,
クライエントを支援することができません。知識だけでの資格だけでは,クライエントを十分に支援することはできません。

そこで,コーチング心理学協会では,認知行動コーチング,解決志向コーチング,ポジティブ心理学コーチングなど,体系化された講座を提供しております。コミュニケーションの質,セッションの質が向上するため,より,クライエントのニーズにあった実践的なコーチングが可能になります。


コーチングの資格を取得するメリットとは

コーチングの資格を取得するメリットとは

 

コーチングを学ぶ際、資格取得の必要がないのなら独学でもいいと考える人もいるかと思います。確かに、基本的な知識などは独学で学ぶことが可能です。

しかし、実践的な部分は独学では補いきれません。コーチングは対人的なスキルであるため、対面トレーニングの経験もスキルに大きく影響してきます。

コーチングに関する資格を取得するための講座では、対面トレーニングを取り入れていることが多く、講座を受講することで実践的なスキルを身につけることができます。

また、資格を取得していることで、コーチングをきちんと学んだということの裏付けにもなります。名刺や履歴書にも記載できるため、就職・転職の際にアピールすることもできます。

資格とは、ある意味、自分自身の強み、自分のスキルの習熟度を客観的に示すことができる手段でもあります。特にコーチングは最近注目度が高まっているため、アピール度は高いと言えます。

スキルアップをお考えの方は、一般社団法人コーチング心理学協会のカリキュラムで資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

心理学・教育学・脳科学などの理論を応用した講座をご用意しています。興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

コーチングの資格を取得するなら一般社団法人コーチング心理学協会

サイト名 一般社団法人コーチング心理学協会
住所 東京(品川) 〒140-0001 東京都品川区北品川1丁目9番7号1015
横浜(横浜) 〒230-0061 神奈川県横浜市鶴見区佃野町24-8-102
TEL 03-6403-9080
080-1127-3088(直通)
メール info[@]coaching-psych.com
URL https://www.coaching-psych.com/

【2019年5月11日&12日】解決志向療法と解決志向コーチング基本講座

コーチング心理学協会の「解決志向コーチング(Solution focused Coaching)は,解決志向療法,エリクソン心理療法,NLP心理学,ポジティブ心理学を日常生活や仕事などに統合し,人生や仕事の活性化に役立てます。解決志向コーチングでは,コンサルティングに関わる内容も含まれています。そのため,コンサルティング心理士に関わる講座となっております。

基本講座なので,初心者歓迎致します。

アクティブラーニングを採用した理論と実践の両方を兼ねた講座となっており、心理尺度などチェックリスト,ワークシートやカードゲームなどを使い、解決志向療法と解決志向コーチングの基礎を効果的に習得していきます。