コーチング心理学 資格

コーチング心理学の資格

当協会では,現代社会を生きる「すべての方」を対象にしており,ひとりひとりが「コーチング心理学」を学び,習得し,実践することを目的としております。コーチング心理学を学ぶことで,より人生やキャリアを豊かにし,能力開発・問題解決能力を身につけ,生涯現役で自己成長し続けられるように目指します。確かな自信と誇りをもって,自己支援,他者支援,社会支援に取り組んで頂ければというのが当協会の願いでもあります。

我々は,人として存在していることから「すべての方」が対象となります。人であることから,自己成長,人間関係,コミュニケーションに関わる「コーチング心理学」を学ぶことについては,とても意義があると考えております。

【初心者歓迎】ですので,とりあえず,やってみたいという「好奇心」だけでも大丈夫です。ぜひ,興味があるものから,ご受講いただければ幸いです。


一般社団法人コーチング心理学協会では、【コーチング心理学、コミュニケーション心理学、コンサルティング心理学】の分野における専門の認定資格制度があります。

※なお,認定資格は任意であり,希望者のみです。資格を希望せず,受講することは可能です。

※各個別に専門プログラムだけ受講することも可能です。


資格制度は,「コーチング心理学」を学ぶことを決意された方への教育及びキャリア支援を目的としております。

    • 資格を取得して,講座に参加するだけプログラムよりは,学んだことを形として残したい。
    • 資格を取得して積極的に仕事として,社会的な活動して行きたい。
    • どのコーチング心理学のアプローチを学んだか明確したい。
    • 最初の一歩としての自信としたい。
    • 実践していくためのよりどころいしたい。
    • コーチング心理学の理論と技術の融合を目指したい。
    • 専門性的な資格の取得を通して,自己成長の証にしたい。
    • 専門性を自分のアイデンティティとしたい。
    • これからの人生のよりどころとしていきたい。
    • 新しい目標や希望などを見つけられるようにしたい。

上記の要望にお答えしたいと考えております。できるだけ,受講された方が,学んだことを積極的に活かし,自信を持って幅広く活動していただけるように配慮ができればと考えております。

【スモールステップの法則】
当講座は,教育分野の【スモールステップの法則】を採用しております。スモールステップとは,どんな目標でも少しづつ習得すれば,大成を得られるという考え方に基づいております。また,少しづつでも,余裕があるときに受講ができるように配慮しております。また,興味のあるものだけ,受講できる形になっています。

【資料・ツールの使用権】
資格には,ただ受講したという形にならないようにするために,一部の資料やツールの利用に関して資料やツールの使用権が含まれております。これらの資料は,講座終了後に自己学習に利用したり,資料の一部を活用したり,教育,医療,産業場面での活用,社内や地域で研修会を開いたり,自ら資料を作成したりする際のヒントにもなります。なお,資料・ツールの利用に関しては,必須ではありません。

※なお,認定資格は任意であり,希望者のみです。資格を希望せず,受講することは可能です。

※各個別に専門プログラムだけ受講することも可能です。

以下の認定資格は特許庁より公認を受けて商標登録されました。

認定資格名 登録番号
コーチング心理士® 第5715180号
コミュニケーション心理士® 第5811965号
コンサルティング心理士® 第6001344号
認知行動コーチ® 第5988792号

今後とも各領域における実践的な研究と専門的なプログラムの開発・向上に努めてまります。

各資格の概要についてお伝えします。

1:【コミュニケーション心理士®】

コミュニケーション心理士は、コーチングやカウンセリングの分野で求められるコミュニケーション能力に特化した資格となります。

コーチングやカウンセリングに不可欠な、コミュニケーションに関して心理学の視点で多角的に習得していきます。

  • 傾聴
  • 質問
  • 承認

について学ぶところから始まり、ビジネスシーンや日常生活で求められる

  • 折衝、交渉
  • 社会的スキル

に踏み込み、最終的には教育者やインストラクターの職能に関わる

  • ティーチング
  • アクティブラーニング
  • フィードバックスキル

などの社会心理学、教育心理学にも関わる領域まで踏み込んでいる専門資格です。

高いコミュニケーション能力に加えてコーチング心理学の領域における科学的実践者としての役割を担い、他者を支援していくことが求められます。

コミュニケーション心理士は、この後に続くコーチング心理士やコンサルティング心理士の土台になる認定資格として考えておりますが、コミュニケーション心理士の単体資格でも、インストラクターとしてコミュニケーション心理学の講座を開講できるレベルを想定した作りとなっております。

2:【コーチング心理士®】

コーチング心理学を実践で活用できる専門家としての認定を受けることができます。コーチング心理士は

  • サイコロジカルコーチ
  • 認知行動コーチング
  • 解決志向コーチング
  • 動機付け面接コーチング
  • ポジティブ心理学コーチング

などのいくつかのコーチングスキルを習得した方を対象に送られる上位資格になります。もちろん、すべての分野をマスターする必要はなく、いくつかの分野を選択していただく形になります。

この点については、受講者様が必要だと自ら判断した領域、興味がある分野などからスタートしていただき、最終的にはコーチングの専門家として確かな力をつけて頂ければ幸いです。

コーチングと心理学は、分野や学派こそ数えきれないほどございます。コーチング心理学協会は、コーチングと心理学の研究機関として、その様々な分野のコーチング心理学の領域について研究しております。

受講者様の「なりたいコーチ」のニーズに合わせて提案させて頂くことも可能です。

3:【コンサルティング心理士®】

国際コーチング心理学会(ISCP)では,米国の「コンサルティング心理学会」と提携している背景もあり、我が国の実践機関であるコーチング心理学協会では、「コンサルティング心理学」を実践領域で扱うことに致しました。

「コンサルティング心理学」は我が国では,あまり紹介されていない新しい心理学領域の一つです。

コンサルティングを視野に入れたコーチング・カウンセリングをご希望の方はぜひチャレンジしてみて下さい。

インセンティブ制度など

まだ準備中の段階ではございますが、当協会としても、資格取得後の経済的な支援も考慮いれて進めていくことを考えております。

  • 有資格者の研修・講習会など講師派遣。
  • 有資格者のかたは,取得した講座のスタッフ参加が可能です。一定の謝礼をお支払い致します。
  • インストラクターでは,資格を発行する権利が得られます。資格の認定後の対応について定期的に講座を開催し,その中で講座参加者のかたに資格の申請があった場合,講師に対して一定の謝礼をお支払い致します。

資格を取得した際には、その後のキャリアパスやゴールなども教えてくださるとうれしい限りです。

どうぞご協力下さい。