ラーニング(学習)のためのコーチング心理学:教育における成長の促進 Coaching Psychology for Learning: Facilitating Growth in Education

Coaching Psychology for Learning: Facilitating Growth in Education
ラーニング(学習)のためのコーチング心理学:教育における成長の促進
Qing Wang

Routledge  Published April 20, 2018

概要
昨今では,心理学が教育分野に貢献することがますます認識されています。この書籍は、異なる教育的状況での学習を支援するための促進的な方法として心理学を提供しています。

学習のための心理学の指導:教育の成長を促進することは、3つの部分に分けられています。

パート1では、教育パラダイム、学習理論、および心理学理論の指導について詳しく説明しています。
教育分野に適用されたコーチングの重要な研究をレビューから,学習におけるギャップを埋めるためにコーチング心理学が学習のためにどのように貢献できるかを説明しています。
パート2では、英国やアジア(主に中国)にかんしての,学習のための心理学の指導に関する2つの実証的参加型研究を紹介。 2つの独自の根拠に基づくコーチングモデルも提示。
パート3では、コンテキスト、目的、プロセス、および人々とそれらの相互関係を含む教育コーチングの性質を探求することによって、実証的証拠と独自のコーチングモデルを統合。
パート1での学習理論とコーチング心理学理論のレビューにかんして,、コーチング心理学と教育におけるその役割についての理解を提供。。欧米とアジアのおける両方で教育の分野でコーチング心理学研究を紹介。

本書籍は,講師や教師,教育に関わる方におすすめ。教育学,教育心理学など,教育に関わる方におすすめです。
当協会では,教える・伝えるインストラクター講座などで紹介しています。

第1章:序章,
パート1:教育パラダイム、学習およびコーチングのリサーチ。
第2章:哲学と教育的パラダイム
第3章:何が学んでいるのか?
第4章:心理学を指導する場所
パート2:心理学を学習のために指導する経験的なケーススタディ。
第5章:中等教育における探求学習のための心理学の指導
第6章:学習のためのコーチングのシステムモデルに向けて
第7章:医学教育における問題に基づく学習のための心理学の指導
第8章:PBLコーチング:CPBLの統合的モデルに向けて。課題解決型教育とコーチング心理学
パート3:教育コーチングのシステムズアプローチに向けて。
第9章:教育コーチングの関係的および論議的な側面。
第10章:考察とまとめ

【2019年5月11日&12日】解決志向療法と解決志向コーチング基本講座

コーチング心理学協会の「解決志向コーチング(Solution focused Coaching)は,解決志向療法,エリクソン心理療法,NLP心理学,ポジティブ心理学を日常生活や仕事などに統合し,人生や仕事の活性化に役立てます。解決志向コーチングでは,コンサルティングに関わる内容も含まれています。そのため,コンサルティング心理士に関わる講座となっております。

基本講座なので,初心者歓迎致します。

アクティブラーニングを採用した理論と実践の両方を兼ねた講座となっており、心理尺度などチェックリスト,ワークシートやカードゲームなどを使い、解決志向療法と解決志向コーチングの基礎を効果的に習得していきます。

こんな講座があります

コーチング心理学基本講座
認知行動コーチ
解決志向コーチ
創造的問題解決コーチ
フィードバックスキルコーチ
モチベーション心理コーチ
パーソナリティー心理コーチ
エニアグラム心理コーチ
ナラティブコーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です