認知行動コーチングの理論と実践 Cognitive Behavioural Coaching in Practice: An Evidence Based Approach

認知行動コーチングの理論と実践 —エビデンス・アプローチ

Cognitive Behavioural Coaching in Practice: An Evidence Based Approach

(Essential Coaching Skills and Knowledge)

マイケル・ニーナン & ステファン・パルマー

◆認知行動コーチングは,認知行動療法,認知行動科学を元にしたコーチングです。動機づけ面接法,「先延ばし」を防ぐためのコーチング,「マインドフルネス・コーチング」や「レジリエンス・コーチング」に対する手法やテクニックについて書かれている。対話形式で書かれており理解がしやすい。

【内容】
(1) 先延ばしの問題を理解と解決への取り組み

(2) 動機づけ面接法

(3)  どのようにコーチングの協働関係を強化するのか?

(4) ソクラテス式質問法(コーチング心理学アプローチ)

(5) セルフ・アクセプタンス:自己効力感を高める方法とは?

(6) レジリエンスの理解と創造

(7) ストレスとパフォーマンス・コーチング

(8) マインドフルネス・アプローチ・認知行動コーチング

(9) 仕事現場にコーチング心理学を広めるために。

こんな講座があります

コーチング心理学基本講座
認知行動コーチ
解決志向コーチ
創造的問題解決コーチ
フィードバックスキルコーチ
モチベーション心理コーチ
パーソナリティー心理コーチ
エニアグラム心理コーチ
ナラティブコーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA