エンゲージメント・コーチングとは? やる気や貢献感を引き出すコーチング・スキル

■エンゲージメント(Engagement)とは何か? 定義,意味,向上させる方法など


エンゲージメントとは、貢献・関与・関わりなどに関わる言葉です。HRや組織改革,人事部門や経営,マーケティングの領域においては,モチベーション,やる気,パフォーマンス,成果などに関わるとされています。

キャリアの領域では,言葉を区別するために,ワーク・エンゲージメントとして表現される場合があります。

エンゲージメントの研究では,バーンアウト(燃え尽き症候群)の研究で有名なユトレヒト大学のシャウフェリ教授が有名です。

ワークエンゲージメントとは,仕事に関連するポジティブで充実した心理状態であり,
【活力】【熱意】【没頭】によって特徴づけられるます。

シャウフェリ教授によると,【エンゲージメントとは,特定の対象,出来事,個人,行動などに向けられた一時的な状態ではなく,仕事に向けられた持続的かつ全般的な感情と認知である】とされています。

ユトレヒト・ワークエンゲージメント尺度

ユトレヒト大学のシャウフェリ教授による ワークエンゲージメント尺度の構成因子とは?

①【活力】

仕事の中で高い水準のエネルギーや心理的回復力,仕事に費やす努力をいとわない気持ち,困難な状況に直面した時の粘り強さなどがある状態。

②【没頭】

仕事にのめり込んでいるときの幸福感,時間が早く経つ感覚,仕事に没入している状態

③【熱意】

仕事に強く関与し,仕事に意味を見出し,熱中,誇りを持ち,挑戦しようという意欲を感じている状態。

【参考文献】

Schaufeli, W. B., Shimazu, A., Hakanen, J., Salanova, M., & De Witte, H. (2019). An ultra-short measure for work engagement: The UWES-3 validation across five countries. European Journal of Psychological Assessment, 35, 577-591.http://dx.doi.org/10.1027/1015-5759/a000430

ポジティブワークエンゲージメントスキル尺度を開発


コーチング心理学協会では,コーチング心理学などのワークの検証やワークエンゲージメントを高めるために研究を行っております。

ポジティブ心理学のPERMA理論を基盤に バイタリティ,挑戦などの要素を加えた心理尺度を開発しております。

簡単に測定できるように,以下の10キーワード項目で図ることができます。

  • ポジティブ感情  (笑顔,明るさ)
  • エンゲージメント (仕事への貢献感)
  • フロー (仕事に没頭できる環境)
  • リレーションシップ (人間関係)
  • ミーニング(仕事の意義を発見する
  • アチーブメント (達成感)
  • バイタリティ (元気さ)
  • ストレングス (強みの発揮)
  • 生きがい (仕事に生きがいを感じる)
  • チャレンジ (挑戦できる環境)

 

 

こんな講座があります

コーチング心理学基本講座
認知行動コーチ
解決志向コーチ
創造的問題解決コーチ
フィードバックスキルコーチ
モチベーション心理コーチ
パーソナリティー心理コーチ
エニアグラム心理コーチ
ナラティブコーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です