現代の管理職に必須のスキル!コーチング研修でマネジメント力を高めよう

管理職になると求められる部下のマネジメント能力は、独学や一朝一夕で身につけるには難しいスキルです。そんな時に役立つのが、コーチング研修です。プログラムに合わせたコーチング研修に参加し、実践的な知識を身につけてマネジメント能力を高めましょう。

コーチング研修では何を学ぶことができる?

コーチング研修では何を学ぶことができる?

コーチングとは、近年ビジネスの現場で活用され始めているコミュニケーションスキルのことです。傾聴や質問を通して、相手の自己実現や目標達成を支援することができます。

コーチング研修ではコーチングのスキルを習得することができ、コーチングの基本的な理論から、実践的な技術までを体系的に学ぶことが可能です。

なぜ管理職にコーチング研修が必要なの?

なぜ管理職にコーチング研修が必要なの?

部下を刺激するためには、まず自ら模範を示し、行動によって引っ張っていくコーチングが必要です。

管理職に就いている人が自分の仕事ぶりや言動で手本を示すことで説得力が付与され、部下の敬意を得ることができます。これにより、信頼関係を構築することができるのです。

また、管理職としての役割を自覚するためには、自己分析が重要です。なぜなら、自己分析によって自分に何が足りないのか、どう行動すべきかがわかり、固定観念を排除することができるからです。

それにより、部下を指導する際にも価値観を押し付けることがなくなり、円滑なコミュニケーションを可能とします。

コーチング研修を受けることでどんなことが期待できる?

近年、働き方や考え方が多様化しており、従来までの上司から部下への一方的な指示によるマネジメントでは、対処しきれない場面が増えてきました。

一方で、対話をメインにしたマネジメントであるコーチングは、一人ひとりの考えや個性を大切にする手法であり、現在のニーズに合っていると考えられます。「部下が成長しない」「指示しないと動かない」などの課題解決にも効果的です。

コーチングは自ら考え、行動することができる人材を育成することを目指します。そのため、コーチングの手法を取り入れることにより、部下だけでなく、チーム・組織全体の力の底上げも期待できます。

コーチングの研修をお考えなら、一般社団法人コーチング心理学協会にご相談ください。教育機関や公的機関、企業様に向けた研修や講師派遣を行っており、コーチング心理学のみでなく、組織内のコミュニケーション活性化から問題解決の手法まで幅広く対応することが可能です。

お客様の要望を事前にヒアリングし、最適なプログラムの開発、適任の講師を派遣いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

コーチング研修をお考えなら一般社団法人コーチング心理学協会へ

サイト名 一般社団法人コーチング心理学協会
住所 東京(品川) 〒140-0001 東京都品川区北品川1丁目9番7号1015
横浜(横浜) 〒230-0061 神奈川県横浜市鶴見区佃野町24-8-102
TEL 03-6403-9080
080-1127-3088(直通)
メール info[@]coaching-psych.com
URL https://www.coaching-psych.com/

【認知行動療法と認知行動コーチング基本講座(認定認知行動コーチ®)】

【認知行動療法と認知行動コーチング基礎と実践】

◆「認知行動科学」,「認知行動療法」の基本から,最新の「認知行動コーチング」を楽しく,実践します。ポジティブ心理学などを統合したハイブリットなコーチング講座です。認知行動アプローチの技法,チェックリスト,ワークシートなどを利用しつつ「基本スキル」の練習と実践していきます。認知行動療法を日常生活や仕事など活用できるスキルを身につけます。カードゲームなどを活用し,認知行動療法を学びます。この講座は,より最適な思考,より最適な行動を導くためのコーチング技法学びます。

認知行動コーチングでは,特に個人・組織の成長,思考力の向上,ストレングス(強み),強化,能力開発,レジリエンスの向上などに役立てます。本講座は,心理療法だけでなく,日常生活や仕事にも役に立つ問題解決力,柔軟思考,クリティカルシンキング,メタ認知力など向上に焦点をあてていきます。生涯にわたって役に立つ講座を目指しております。