オンラインセミナーでコーチングを学ぶなら!人材育成・リーダーシップ力向上に役立つコーチングとは?

コーチングという言葉は広く知られるようになってきましたが、具体的にどのようなスキルが身につくのか理解していない方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はコーチングとは何か、ティーチング・コンサルティング・カウンセリングとの違いについて解説していきます。

コーチング研修を受けたいのであれば、一般社団法人 コーチング心理学協会のオンラインセミナーをご利用ください。基礎的なことから活用方法まで、丁寧にお伝えいたします。

コーチングはどんなもの?

What is coaching

コーチングは、自分で考え自分で行動を起こす人材育成をするためのコミュニケーションのことです。目標の達成をより早く・確実・効率的な方法で行い、現在の状態では叶えられないゴールを目指すための手法を指しています。

コーチングをしっかり受けた方は、今までとは違う新しい考え方・視点を得ることができ、目標を達成するための力をつけることができるのです。

特に現在の日本では、課題を解決するためにリーダーシップを持っている人材が求められるので、コーチングで行動の選択肢を増やすことが必要だといわれています。

一般社団法人 コーチング心理学協会では、コーチングのオンラインセミナーを開催しております。オンラインセミナーは自分の好きなタイミングで受講したり、時間・費用の負担を減らしたりできるため、忙しい方にもピッタリです。

人材育成に活かしたい、管理職のリーダーシップを育てたいといった企業様に向けた講師派遣やセミナーなども可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

ティーチング・コンサルティング・カウンセリングとの違いは?

different

ティーチング・コンサルティング・カウンセリングとコーチングにはどのような違いがあるか、それぞれご紹介します。

ティーチングとの違い

ティーチングは教えることがメインのコミュニケーションで、相手へ自分の得意な知識・ノウハウなどを一方的に伝えるのが特徴です。コーチングは双方向のコミュニケーションなので、ティーチングとは異なります。

コンサルティングとの違い

コンサルティングは現状をよりよくするために、問題点や改善できる点を指摘します。正しい解決策を積極的に伝え、相手が望む成果を導くのが役割です。コーチングは自ら考え行動を起こすことを重視しており、基本的に気付くきっかけを与えるだけで答えを教えることはありません。

カウンセリングとの違い

カウンセリングは会話を通じてよくない状況を把握し、解決策を伝えることでよい状況に戻すコミュニケーション方法です。理由を聞いたり話し合ったりする必要があるため、コーチングと同様に双方向のコミュニケーションが求められます。しかし、コーチングは成果をより上げるコミュニケーションなので、カウンセリングとはゴールが違うといえるでしょう。

似たようなものだと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ティーチング・コンサルティング・カウンセリングとコーチングはすべて異なるものです。状況によって使いわけることが大切です。

コーチングを学びたいという方は、ぜひ一般社団法人 コーチング心理学協会のオンラインセミナーをご利用ください。コーチングに加えて、コミュニケーション技法・心理療法を応用したコーチング心理学の手法を活用したセミナーです。

コーチングを身につけたいという方は、ぜひお問い合わせください。

コーチングのオンラインセミナーで人材育成スキル・リーダーシップ力をアップさせよう!

コーチングは相手が自ら考え動けるようにするためのコミュニケーションで、人材育成スキルやリーダーシップ力を向上したい方には必要な能力です。コーチングはティーチング・コンサルティング・カウンセリングとは異なり、双方向の対話が大切で、現状をよりよくすることを目的としています。

一般社団法人 コーチング心理学協会は、コーチングのオンラインセミナーも開催しております。スキルアップを考えている方は、ぜひご利用ください。

オンラインセミナーでコーチングを学びたい方は、一般社団法人 コーチング心理学協会にご依頼ください!

サイト名 一般社団法人コーチング心理学協会
住所 東京(品川) 〒140-0001 東京都品川区北品川1丁目9番7号1015
横浜(横浜) 〒230-0061 神奈川県横浜市鶴見区佃野町24-8-102
TEL 03-6403-9080
080-1127-3088(直通)
メール info[@]coaching-psych.com
URL https://www.coaching-psych.com/